BUILD YOUR KOBE!
若者が動く。
これからが変わる。

まちも、未来も、自分たちの手で。
これからの神戸をよりよくするのは、
自らの意思で行動する、若者一人一人のチカラ。
このプロジェクトは、神戸のまちの使い方を
共に考え、実践していく取り組みです。

NEWS

ABOUT

神戸で暮らしたい、働きたい、ぜひ訪れたいと、さらに多くの若者が心から思えるように。
「BUILD YOUR KOBE!U35アクションミーティング」は、神戸のまちを楽しく活用する「まちづかい」のアクションプランを若者が自ら考え、実践していく取り組みです。

対象は、神戸で暮らし、働く、35歳までのあなた。

人口減少が進む中、これからの神戸市になくてはならない視点として「若者に選ばれるまち+誰もが活躍するまち」をテーマに掲げた、実行計画「神戸2020ビジョン」が構想の源。ワークショップキャンプやトライアル報告会を通して「知る→気づく→動く→つながる」の4つのステップを経験しながら、よりよい神戸のまちづかいを考え、アクションを実現していきます。

また、今回の参加者だけでなく、神戸で暮らし、働く、35歳までの方々すべてが自身でアクションを起こしたり、誰かと一緒にチャレンジしたり、共感して支援するなど、自分なりのまちへの関わり方を見つけるきっかけになることも目標のひとつ。もちろん若者だけでなく、これから若者になる方たちには未来の自分を想像しながら、かつて若者だった先輩方には若者のアクションを応援していただくことで「暮らし続けたくなる神戸」の実現をめざし、共に歩んでいけたらと願っています。



>本事業を応援してくださるサポーターのみなさま(50音順、敬称略)

ウチダケイスケ(ミドリカフェ代表、ランドスケープデザイナー)
奥村聡(ひょうごエンジン代表)
木村麻子(ネスレ日本株式会社)
小畦雅史(小畦雅史建築設計事務所代表)
首藤善敬((株)Happy代表取締役/はっぴーの家・お貸しまスペースかなえ場運営)
高木博隆(そごう神戸店)
髙橋梨恵(pomochi代表、LED関西ファイナリスト)
壷井豪(株式会社ケルン オーナーシェフ)
津村美乃里(JILL(子どもの感性育むお母さん数秘教室)代表)
飛田敦子(認定NPO法人コミュニティ・サポートセンター神戸(CS神戸)事務局長)
中川由紀子(一級建築士事務所 みゆう設計室)
二階堂薫(コピーライター)
東村奈保(NPO法人soshre理事長/(株)ヒトトバ代表取締役/Tukuru 運営)
藤井敦志((株)毛利マーク取締役/こうべイクメン実行委員長)
藤井信行(和田興産株式会社)
前田真治(German Suplex Airlines)
松下真理(神戸フィルムオフィス 代表)
宮川理恵(ルカフォト代表/LED関西ファイナリスト)
村上豪英(村上工務店代表取締役/URBAN PICNIC)
山内菜都海(鉄道会社勤務/Team CHARiN-KOBE世話人/URBAN PICNIC 初年度企画・実行メンバー)
湯川カナ(一般社団法人リベルタ学舎代表理事)
横田真由美(フローラルアロマ株式会社 日本マタニティセラピスト協会)
吉川公二(株式会社フェリシモ)
脇本昌代(株式会社ワールド)
和田武大(株式会社デザインヒーロー、デザイナー・代表取締役)

BUILD YOUR KOBE!
U35アクションミーティング

主催 神戸市 経済観光局 観光MICE部 観光企画課
企画運営 阪神電気鉄道株式会社

株式会社iop都市文化創造研究所
開催日程 ワークショップキャンプ:2017年8月5日(土)・6日(日)
トライアル報告会:11月19日(日) など
定員 50名程度
参加条件 ・ワークショップキャンプ、トライアル報告会のいずれにも参加可能であること
・神戸市に在住もしくは、在勤であること
・2017年4月1日時点で20歳以上、35歳以下であること
・イベント当日の様子やインタビュー等を広報で使用することに同意すること
参加費 5,000円(ワークショップキャンプの1日目夕食、2日目朝食・昼食などの実費)
※宿泊費は無料です。
応募方法 ウェブサイト上の応募フォームから、必要事項を入力の上、申し込み
※申込みは締め切りました。定員を超えるたくさんのご応募ありがとうございました。
申込締切
※応募者多数の場合は選考の上、7月26日(水)中に当選・落選の結果をお知らせします(info@u35kobe.jpより)

SCHEDULE

  1. 〜721日(金)

    参加申し込み

    8月のワークショップキャンプからスタートする
    U35アクションミーティングに、まずはご応募ください。

  2. 85日(土)6日(日)

    ワークショップキャンプ@しあわせの村(北区)

    自然あふれる神戸市北区「しあわせの村」を舞台に、
    神戸のまちをより楽しく使いこなすアクションプランを考えます。

    くわしくは
  3. 87日(月)〜

    トライアル@神戸市内各所

    ワークショップキャンプで考えたアクションプランを
    チームごとに、神戸のまちでトライアル!

  4. 1119日(日)

    トライアル報告会@デザイン・クリエイティブセンター神戸(中央区)

    単なるトライアルの結果報告だけで終わらない、
    今後のアクションのための「つながり」を生み出します。

    くわしくは
  5. 1120日(月)〜

    アクション実践@神戸市内各所

    トライアルや報告会でできた仲間と共に、
    アクションプランを神戸のまちで実際に実行します。

FAQ

応募に際して、必ずお読みください。

応募について

参加対象は?
神戸市に在住、または在勤の2017年4月1日時点で20歳以上、35歳以下の方が対象です。さらに「何かプロジェクトを起こしてみたい」「同年代の神戸の人たちとつながりたい」「神戸のまちにもっと関わりたい」「神戸のまちでのプロジェクトに参加したい」という想いを持った方のご参加をお待ちしています。
11月のトライアル報告会への参加も必須ですか?
8月5日・6日のワークショップキャンプと11月19日のトライアル報告会、両方への参加が必須です。
幼い子どもがいるのですが、参加できないのでしょうか?
神戸市が「若者に選ばれるまち」を推進していくためには、子育て世代の方々のご意見は大変重要であると考えており、子育て中の方にもぜひご参加いただきたいと考えています。8月のワークショップキャンプでは、プログラムに「宿泊」が含まれていますが、宿泊が難しい方につきましては、日帰りでご参加していただくことも可能ですので、事務局にご相談ください。なお、しあわせの村野外センターあおぞらには、授乳室とオムツ替コーナーが設置されています。託児所等の準備がなくご不便をおかけするかもしれませんが、可能な範囲でご検討ください。
応募情報の取り扱いはどうなりますか?
いただいた個人情報は、適切に管理し、法令に基づき開示することが必要である場合をのぞき、本事業に関することにのみ使用させていただきます。
応募者多数の場合の、選考基準は?
ご応募時の内容から、ワークショップやアクションの実践の可能性などを事務局で総合的に判断して、決定します。選考結果についてのお問い合わせには応じられませんので、ご了承ください。
参加費の振り込み方法を教えてください。
7月26日(水)の当選・落選の通知とあわせて、参加費のお振り込み方法をご連絡いたします。期日までにお支払いくださいますよう、お願いいたします。
参加確定後のキャンセルはできますか?
やむをえない事情の場合、キャンセルは可能ですが、必ずメールにてinfo@u35kobe.jpへご連絡ください。
なお、食費などの実費につきましてはキャンセル料がかかります。
キャンセル時の規定は、以下のとおりです。
7月26日(水)まで:キャンセル料などは不要です。
7月27日(木)以降:当選・落選のご連絡時に規定をお知らせします。

ワークショップキャンプについて

8月5日の、しあわせの村での宿泊は必須ですか?
原則、必須です。宿泊も大事なプログラムの一部なので、近所にお住まいの方にも宿泊していただければと考えています。子育て中の方など、宿泊が難しい場合につきましては、日帰りでのご参加もいただけますので、事務局にご相談ください。
会場まで、車で行ってもいいですか?
はい。ただし、駐車場には十分なスペースがありますが、予約はできません。ワークショップキャンプ当日、「しあわせの村」内の駐車場の空きスペースをご利用ください。宿泊される方には駐車チケットをお渡ししますので、事前に事務局までご連絡ください。
宿泊の際、1人部屋を希望できますか?
原則として、男女別の大部屋でのご宿泊となります。特別な事情がある場合は、ご相談ください。

トライアル・アクションについて

「トライアル報告会」以降、どのようなサポートが受けられますか?
主催者である神戸市や、企画・運営者である阪神電気鉄道株式会社、株式会社iop都市文化創造研究所(デザイン・クリエイティブセンター神戸指定管理者)をはじめ、それらのネットワークを活用した様々な企業・団体によるサポートが受けられます。若者アクションを起こす、その1歩目に対して必要なヒト・モノ・コト・バショをつなげ、「自立したまちづかい」を目指します。
ミーティングができる場所はありますか?
はい。ワークショップキャンプ以降、資料なども用意した参加者の方々が使用できるミーティングスペースを準備します。使用方法など詳しくは、8月5日・6日のワークショップキャンプでご説明いたします。
8月6日以降、11月の報告会までに必ず何らかのトライアルをしなければなりませんか?
はい。トライアル報告会では、8月のワークショップキャンプでチームごとに考えたアクションプランのトライアルの成果を発表していただき、協力者や賛同者を募ります。トライアルの方法には、企画のブラッシュアップから、まちでの実践まで様々な形がありますので、事務局と相談しながら進めていきます。

その他

このプログラムの目的は何ですか?
神戸で暮らし、働く35歳までの方たちとよりよい神戸のまちづかいを考え、アクションを実践していくことで「暮らし続けたくなる神戸」の実現を目指しています。この目的は、人口減少が進む中、これからの神戸市になくてはならない視点として、「若者に選ばれるまち+誰もが活躍するまち」をテーマに掲げた、実行計画「神戸2020ビジョン」が構想の源となっています。

CONTACT

「BUILD YOUR KOBE!U35アクションミーティング」の
内容に関するお問い合わせは…
本事業全体に関するお問い合わせは…

神戸市経済観光局観光
MICE部観光企画課

〒650-8570
神戸市中央区加納町6-5-1 
TEL 078-322-6381